BCAAを飲んで筋肉の分解を防ぐ【いつ、どれだけ飲むか】

The following two tabs change content below.
弁護士 林孝匡

弁護士 林孝匡

1)お役立ち法律コラム、2)法律ニュース、3)筋トレ記事、4)笑えたネタなどを書きます。オモシロおかしく伝えることをモットーにしています。論理的な筋トレに目覚めたので、筋トレ記事では、細マッチョになりたい男性に向けて私の経験を伝えます。

はじめに

こんにちは、弁護士の林孝匡です。
今回はBCAAについての記事です

私は、シンプルかつ論理的なボディメイクに挑戦しています。
多忙な中、どうやったら効率的に細マッチョになれるんだろう、と模索しています。

目指すは細マッチョです。ゴリマッチョではありません。
下記写真くらいを目指しています。

同じような身体を目指す方に、私のトレーニング体験・食事・サプリなどをお伝えしていきます。

以下では、私が取り組みたいことをまとめています。
細マッチョを論理的に目指している弁護士が皆様にお伝えできること

また、パーソナルトレーニングを受けたので、そこで得た知識などもシェアします。
以下のパーソナルジム「ビーコンセプト」で、2018年11月~2019年1月末ころまで徹底的に行います。
(アフターフォロー6回を含めると、2019年7月末まで(予定))。

 

「ビーコンセプト」での体験談は、以下の記事をご覧ください。随時更新しています。
ビーコンセプト【パーソナルトレーニング体験談】]

BCAAを飲む最大の理由

端的に言うと「減量期に起きる筋肉の分解を最小限に抑えるため」です。

減量期は、摂取カロリーが消費カロリーを下回ってしまうため、どうしても筋肉の分解・減少が起きてしまいます。
それを最小限に押さえるためにBCAAを飲みます。

増量期に飲む必要性は高くないと思います。
ただ、インスタで活躍されているようなマッスルエリートの方は、飲んでいる人もいるようです。

私は、ゴリマッチョを目指しておらず、
なるべくシンプルな方法で細マッチョを目指したいので、減量期にだけBCAAを飲んでいます。

BCAAとは

ここから少し専門的な話になります。

詳しくは、
BCAAとは「Branched Chain Amino Acids」を略した言葉で、「分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸」って言うらしいです。
タンパク質は約20種類の成分(アミノ酸)から構成されているらしいんですが、そのうち、バリン、ロイシン、イソロシンと呼ばれる3種類のアミノ酸が組み合わさったものが「BCAA」と呼ばれている

らしいです。

とにかく、BCAAを飲めば筋肉の分解を抑える効果があるんだ、ってことだけ理解できればいいと思います。
ゴリマッチョを目指して大会に出るつもりなのであれば、かなり勉強が必要だと思いますが、
私も含めこの記事を読んでいる方は、そんな時間はないし、そこそこの細マッチョになれればOKなはずです。
なので、小難しい理論を知る必要はないと思います。

ゴリマッチョの先輩が飲んでいるから、飲む。以上です。

効果

主な効果:筋肉の分解を防ぐ

ザックリと理屈を述べると、

1.トレーニング中、筋肉に蓄えられているブドウ糖・脂肪酸・アミノ酸などをエネルギーとして使用する。

2.それでも足りない場合、筋タンパク質を分解して、筋肉の分解が起きてしまう。

3.なので、BCAAの補充が必要

という理屈になります。

その他、副次的効果として、疲労の軽減、筋肉の増強、集中力のキープなどもあります。

飲む量とタイミング

私は、現在のところ、トレーニングの日だけ飲んでいます。
私が目指すのはシンプルな方法なので、サプリの消費も最小限に抑えたいからです。
サプリオンパレードのボディメイクはあまり好きではなく、サプリは最小限のプロテインだけでボディメイクをしたいと思っていたからです。

ただ、「ビーコンセプト」のトレーナーは、トレーニング日以外のBCAA摂取を推奨していました。
「ビーコンセプト」では、自由にLINEでトレーナーに質問することができます。

飲む量は、スプーン1杯です(約14g)

それをコチラのボトルに水と混ぜて、シェイクします。


私が日々使っているボトルです。
シンプルです。良ければご参考まで。

トレーニングする日、それを3回に分けて飲みます。
飲むタイミングは以下のとおりです。

  1. 筋トレの約30分前
    理由:飲んで約30分後に血中濃度がピークに達するので、トレーニングするにあたり最適な状態となるから。
  2. 筋トレ中(インターバル中にこまめに摂取)
    理由:筋タンパク質の代わりにエネルギー源となってくれることで、筋タンパク質の分解を防ぐ
  3. 筋トレ後
  4. そして、その10~20分後にプロテイン

BCAAは1度にたくさん摂取しても、体内に吸収されないようです。
1度に吸収できる量が4~5gとのことです。
なので、約14gを3回に分けて摂取する方法となります。

まとめ

BCAAは、筋肉の分解を最小限に抑えるために飲む。

パーソナルトレーニング「ビーコンセプト」で、その他様々なことを教えてもらっています。
細マッチョを目指すための効率的なトレーニング、食事など。

 

パーソナルトレーニングへの自己投資は正解でした。
20万円ほどかかりますが、一生使える知識や知恵を得ることができます。

カウンセリングは無料なので、皆様も「自分がなりたい身体」の写真を持って行って、トレーナーから方法論を聞いてみて下さい。

私も当ブログで自分の経験を伝えていきますが、アナタにとって最適なプログラムはトレーナーと相談して決めるのが1番だと思います。

それでは、これからも、得た知識を整理してシェアしていきたいと思います。

 

ABOUTこの記事をかいた人

弁護士 林孝匡

1)お役立ち法律コラム、2)法律ニュース、3)筋トレ記事、4)笑えたネタなどを書きます。オモシロおかしく伝えることをモットーにしています。論理的な筋トレに目覚めたので、筋トレ記事では、細マッチョになりたい男性に向けて私の経験を伝えます。