減量期には玄米がオススメ【細マッチョを目指す方へ】

The following two tabs change content below.
弁護士 林孝匡

弁護士 林孝匡

1)お役立ち法律コラム、2)法律ニュース、3)筋トレ記事、4)笑えたネタなどを書きます。オモシロおかしく伝えることをモットーにしています。論理的な筋トレに目覚めたので、筋トレ記事では、細マッチョになりたい男性に向けて私の経験を伝えます。

はじめに

こんにちは、筋トレにハマった、弁護士の林孝匡です。
今回は玄米についての記事です。

私は、弁護士らしく、シンプルかつ論理的なボディメイクに挑戦しています。

多忙な中、どうやったら効率的に細マッチョになれるんだろう、と模索しています。
サプリなどにあまりお金をかけずに、そこそこの細マッチョになりたい、って感じです。

目指すは細マッチョです。ゴリマッチョではありません。
下記写真くらいを目指しています。

同じような身体を目指す方に、私のトレーニング体験・食事・サプリなどをお伝えしていきます。

また、パーソナルトレーニングを受けたので、そこで得た知識などもシェアします。
以下のパーソナルジム「ビーコンセプト」で、2018年11月~2019年1月末ころまで徹底的に行います。
(アフターフォロー6回を含めると、2019年7月末まで(予定))。

↓ ここでパーソナルを受けた ↓
 

結論

減量期(除脂肪期)は、白米ではなく玄米を食べた方が、脂肪の落ちるスピードが早い
小難しい話は抜きにして、とにかく脂肪の落ちるスピードが早いので、除脂肪期は玄米にしましょう。

本投稿時現在、減量開始して3週間。
週3回トレーニングをして、米は玄米を摂取してますが、脂肪の減りが早いと感じています。
玄米を知らなかったときは白米の量を減らす減量をしてたのですが、その時より確実に早いです。

ビーコンセプト」のトレーナーの方にも、「減量期(除脂肪期)はオール玄米をオススメします」
とのアドバイスを受けました。
「ビーコンセプト」ではパーソナル期間中、自由にLINEで質問ができます。

玄米て何やねん

 玄米とは、精製する前の米のことを言います。
 ザックリ言うと、玄米の栄養価をそぎ落としたものが白米。

 なぜ栄養価をそぎ落としてまで白米にするのか、意味不明だったのですが、調べたところ、

  • おいしくなるから
  • 食べやすくなるから
  • 調理がしやすくなるから

です。
ミカンも皮をむいた方がおいしいですよね、そんな感じです。
「良薬、口に苦し」みたいな感じですが、私は玄米でも抵抗ありません。
ちょっとパサパサ感があるかな、くらい。

ただ、玄米を2週間くらい食べ続けた後に白米を食べると、白米、うま!となりますが。




玄米のメリット

玄米には主に以下のメリットがあります。

1 ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富
  白米に比べて豊富です。
  どれくらい豊富かって?

   カナリです。詳しくは知りません。知らなくていいでしょう。

2 GI値が低い
  白米に比べてGI値が低いです。
  GI値が低いと、血糖値が上がりにくいというメリットがあります。

  白米を食べてドカンと血糖値が上がると、血糖値を調整するためインスリンが分泌されます。
  インスリンの分泌量が多くなると、脂肪が増える可能性が高くなります。
  また、血糖値は急上昇し、その後急降下するので、その際に空腹を感じてしまう。
  さらに、血糖値が上昇すると眠くなります(いつもの昼食後のアレですね)。

  GI値が低い玄米は、

  ・脂肪がつきにくい
  ・空腹を感じにくい
  ・眠くなりにくい

  というメリットがあります。

3 白米に比べてパサパサしてるのでよく噛む必要がありドカ食いを防げる
4 消化に時間がかかるので腹持ちが良い

玄米には以上のようなメリットがあります。

玄米のデメリット

1 白米より若干、お値段高め
  →除脂肪のための必要投資と考えましょう。

2 白米よりちょい美味さが落ちる。
  →細マッチョになるための試練です。

まとめ

小難しい話になると、栄養がどうこう、となるのですが、まー知らなくてもいいでしょう。

何かの大会を目指すわけじゃないし。

そこそこの細マッチョになって、カッコつけたいだけだから

とにかく「玄米てなに?」の概要だけ押さえて、減量期(除脂肪期)に摂取する。
トレーニーの先輩が「玄米、良いよ」と言ってるから、良いんです

成功者を真似て、シンプルな方法で細マッチョへ。

Let’s 論理的ボディメイキング!




ABOUTこの記事をかいた人

弁護士 林孝匡

1)お役立ち法律コラム、2)法律ニュース、3)筋トレ記事、4)笑えたネタなどを書きます。オモシロおかしく伝えることをモットーにしています。論理的な筋トレに目覚めたので、筋トレ記事では、細マッチョになりたい男性に向けて私の経験を伝えます。