細マッチョを目指す人もバルクアップが必要

The following two tabs change content below.
弁護士 林孝匡

弁護士 林孝匡

1)お役立ち法律コラム、2)法律ニュース、3)筋トレ記事、4)笑えたネタなどを書きます。オモシロおかしく伝えることをモットーにしています。論理的な筋トレに目覚めたので、筋トレ記事では、細マッチョになりたい男性に向けて私の経験を伝えます。

はじめにご確認下さい

こんにちは、弁護士の林孝匡です。
パーソナルトレーナーをつけて、シンプルかつ論理的ボディメイクに挑戦しています。
目指すは細マッチョです。ゴリマッチョではありません。
下記写真くらいを目指しています。

以下のパーソナルジム「ビーコンセプト」で、2018年11月~2019年1月末ころまで徹底的に行います。
(アフターフォロー6回を含めると、2019年7月末まで(予定))。

まずは、私が、アナタのお役に立てるかどうかを確認させて下さい。
マッチングの確認です。
以下の記事をご覧いただき、アナタの目指すものと私が目指すものが一致するかをご確認下さい。
細マッチョを論理的に目指している弁護士が皆様にお伝えできること

いかがでしたでしょうか。

ゴリマッチョを目指したい方は、インスタに登場しているようなレベルの高い方を参考にして頂ければと思います。
あと「食事コントロールやトレーニングせずに話題の●●(サプリ)で2週間で身体をバッキバキにしたいんだけど!」という方は、お金を吸い取られ続けて下さい。

それでは、努力して細マッチョになりたい方は、お互い頑張りましょう。
ビーコンセプト」で細マッチョになるための基本的知識を吸収して、皆様のお役に立てるような有益な記事を書いていきます。

ビーコンセプト」での体験談は、以下の記事をご覧ください。随時更新しています。
ビーコンセプト【パーソナルトレーニング体験談】]

細マッチョを目指す人もバルクアップが必要

「バルクアップと」いう言葉って、なんかゴリマッチョを目指す言葉に聞こえませんか?
↓ こんな感じの人が行うものだと。
 
私は筋トレを始めたとき、この点を勘違いしていました。
バルクアップはゴリマッチョを目指す人だけがやるものだと。
 
違うんですね。バルクアップは細マッチョを目指す人にも必要です。
 

バルクアップとは

「バルクアップ」とは、筋肉を肥大させて身体を大きくすることです。
バルク(Bulk)は、大きさ、容量、容積、かさ、のこと。
すなわち「バルクアップ」は、「筋肉の大きさ(バルク)をアップ」させることと定義されます。
 
体重は増加しますが、それはあくまで結果論であって、目的は、筋肉を肥大させることにあります。
 
細マッチョを目指す人であっても、
  • 筋肉をつけて(バルクアップ期間・脂肪もつくことは覚悟の上)
  • そのあと、筋肉とともについた脂肪を落とす(除脂肪期・可能な限り筋肉の減少を抑えながら)

という作業を経て、以下のような身体を目指します。
なので、細マッチョを目指す人にもバルクアップは必要となります。

上記写真は、除脂肪期を終えて仕上がった状態だと思います。
バルクアップ期間は脂肪もつくので、ここまでは引き締まっていないと思います。

バルクアップのために大切な3つのこと

バルクアップには、以下の3つが大切です。
 
  1. 食事
  2. トレーニング
  3. 睡眠

どれが欠けても、筋肉肥大の効果が減少してしまうようです。
体重と脂肪だけ増えて筋肉量が増えないという、絶望的な状況になりかねません。
私も上記3つはしっかりと守っています。

食事

食事については、以下の記事で詳しく書いています。
 バルクアップ初心者が押さえるべき食事方法【増量期】
私が実践している具体的なメニューはコチラ
 初心者のバルクアップ期の食事メニュー【実例】

声を大にして言いたいことは、食事は超重要です。
食が身体を作ります

上記記事の内容をザっとご説明しますと、

  • バルクアップの鉄則は「摂取カロリー>消費カロリー」
  • 摂取すべきタンパク質量は体重の2~3倍、糖質の量は体重の4~6倍
  • 食事は6回に分ける

です。
私も食事をおろそかにせず、きちんとルールを守ることで、身体にハリが生まれてきました。
バルクアップ期間は食べることもトレーニングのうちだ、と言われています。
上記記事を参考にして、皆様も1日のスケジュールの中に食事のタイミングを取り入れてみてください。

トレーニング

私は、週3回トレーニングを行います。
何かの大会に出たいわけではなく、細マッチョになりたいだけなので。
あと、仕事が忙しいので週3以上は時間がとれないからです。
週3で細マッチョになるよう効率的なトレーニング・食事を模索します。
 

ビーコンセプトのトレーナーの川井盛義さんには、週3だと以下のメニュ効率的だと教えて頂き、実践しています。

  • 胸・肩・上腕三頭筋(押す系)
  • 背中・上腕二頭筋(引く系)
ポイントは、とにかくオールアウトするまで追い込むことです。
オールアウトとは、ラスト1回が上がらなくなるまで筋肉を疲労させること、を言います。
川井トレーナーいわく、オールアウトして初めて筋肥大の効果が出るとのこと。
バルクアップ期は結構食べてるので、オールアウトしなければ太るだけ。
精神の限界のはるか先に肉体の限界がある」との言葉をかみしめて、オールアウトしましょう!
※怪我には注意※ 怪我しない程度に自分を追い込む。難しい。
 

睡眠

寝ている間に筋肉は合成されてるようです。
少なくとも6時間、できれば8時間は寝た方が良いらしいです。
私は、睡眠もトレーニングのうちだと考え、7時間以上寝るように心がけています。

まとめ

細マッチョを目指す人にもバルクアップは必要です。

私は筋トレを始めて1年ほど(2018.12)で、これからも試行錯誤を続けます。
初めバルクアップを試みたときは、摂取カロリーが少なかったようで、あまり身体が大きくなりませんでした。
なのに、除脂肪期に移行して、さらに除脂肪期に筋肉も落ちてしまって元の木阿弥みたいな。。

今回は、ビーコンセプトで教えて頂いたとおり、太ることを恐れず食べています!
川井トレーナーとのLINEです(ビーコンセプトではLINEで自由に質問できます)。

バルクアップ期間は、ガンガントレーニングして、ガンガン食べる。
食が身体を作る」はホンマに的確な格言だと思います。

筋トレ、マジ楽しい。
試行錯誤を続けながら一生とりくみます。

これからも細マッチョを目指す人にとって有益な記事を作成します。
最後までお読みいただきありがとうございました ^^

ABOUTこの記事をかいた人

弁護士 林孝匡

1)お役立ち法律コラム、2)法律ニュース、3)筋トレ記事、4)笑えたネタなどを書きます。オモシロおかしく伝えることをモットーにしています。論理的な筋トレに目覚めたので、筋トレ記事では、細マッチョになりたい男性に向けて私の経験を伝えます。