弁護士バッジは、宇宙イチいらない

The following two tabs change content below.
弁護士 林孝匡

弁護士 林孝匡

1)お役立ち法律コラム、2)法律ニュース、3)筋トレ記事、4)笑えたネタなどを書きます。オモシロおかしく伝えることをモットーにしています。論理的な筋トレに目覚めたので、筋トレ記事では、細マッチョになりたい男性に向けて私の経験を伝えます。

事務所内の断捨離を終了したが、今年も捨てられないクセ物。
弁護士バッジ。

私は「金のウサギの糞」と呼んでいる。

2010年に弁護士になって2~3度つけたが、その後、現在に至るまで机の中で眠り続けている。
銀河系イチ、いらない。

クリップと同レベル。
いや、クリップの方が2億倍、役に立つ。

バッジがウサギの糞である理由を説明しよう。

◆弁護士はバッジを着けなくてもいいのか◆

え?弁護士さんって、バッジを着けなくてもいいの?

はい、着けなくてもいい。持ち歩かなくてもいい。身分証明書を持っていれば。
法廷に入るのにも、バッジはいらない。

日弁連の規則も、そうなっている。

【日本弁護士連合会会則第29条第2項】
弁護士は、その職務を行う場合には、本会の制定した記章(弁護士バッジ)を携帯しなければならない。
ただし、本会の発行した身分証明書の携帯をもってこれに代えることができる。

◆怒り◆
じゃーもう、弁護士バッジいらんやん!身分証明書でいいんでしょ。

なのに、弁護士になった途端、日弁連から強制的に交付される。

日弁連「コレあげるから、なくすなよ」

・・・いらんっつーの。かなりのパワハラである。ジャイアンである。

バッジを失くすと、始末書を提出させられ、官報の「弁護士記章紛失広告」に自分の名前が掲載され、全国民にさらされる。

弁護士バッジを持っていると、リスクしかない。
百害あって一利なし。
泥棒に入られて机の中から盗まれても、始末書である。

以下、アホ達を紹介しよう。 〈広告〉 ◆弁護士バッジにまつわるアホ達◆
 1 バッジを裏返しに付ける弁護士をよく見かける。意味不明なのだが、本人たちからすれば、自分が弁護士であることを悟られたくないらしい。裏返しにして謙虚にふるまっているようだが、目立つので、結局は自分が弁護士であることをアピールしたいアホである。バレたくないなら外せばいいだけの話。

 2 通常の弁護士バッジは金メッキなのだが、弁護士の中には6万円を払って「18金」にする人もいる。お前のそのブランディングがメッキだわ、としか言いようがない。
 
捨てたくても捨てられないもの、と言えば普通は、思い出がつまったもの。
しかし、弁護士バッジは、マジで捨てたいけど捨てたら始末書もんなのである。

厄介な金のウサギの糞だ。

売れるなら、メルカリで売りたい。

ABOUTこの記事をかいた人

弁護士 林孝匡

1)お役立ち法律コラム、2)法律ニュース、3)筋トレ記事、4)笑えたネタなどを書きます。オモシロおかしく伝えることをモットーにしています。論理的な筋トレに目覚めたので、筋トレ記事では、細マッチョになりたい男性に向けて私の経験を伝えます。