筋トレ初心者が「背中」を効果的に鍛えたいなら、パワーグリップは必須

The following two tabs change content below.
弁護士 林孝匡

弁護士 林孝匡

1)お役立ち法律コラム、2)法律ニュース、3)筋トレ記事、4)笑えたネタなどを書きます。オモシロおかしく伝えることをモットーにしています。論理的な筋トレに目覚めたので、筋トレ記事では、細マッチョになりたい男性に向けて私の経験を伝えます。

はじめにご確認下さい

こんにちは、弁護士の林孝匡です。
パーソナルトレーナーをつけて、シンプルかつ論理的ボディメイクに挑戦しています。
目指すは細マッチョです。

以下のパーソナルジム「ビーコンセプト」で、2018年11月~2019年1月末ころまで徹底的に行います。
(アフターフォロー6回を含めると、2019年7月末まで(予定))。

まずは、私が、アナタのお役に立てるかどうかを確認させて下さい。
マッチングの確認です。
以下の記事をご覧いただき、アナタの目指すものと私が目指すものが一致するかをご確認下さい。
細マッチョを論理的に目指している弁護士が皆様にお伝えできること

いかがでしたでしょうか。

ゴリマッチョを目指したい方は、インスタに登場しているようなレベルの高い方を参考にして頂ければと思います。
あと「食事コントロールやトレーニングせずに話題の●●(サプリ)で2週間で身体をバッキバキにしたいんだけど!」という方は、お金を吸いとられ続けて下さい、ばいちゃ。

それでは、細マッチョになりたい方は、お互い頑張りましょう。
ビーコンセプト」で細マッチョになるための基本的知識を吸収して、皆様のお役に立てるような有益な記事を書いていきます。

ビーコンセプト」での体験談は、以下の記事をご覧ください。随時更新しています。
ビーコンセプト【パーソナルトレーニング体験談】

パワーグリップとは

簡単に言うと、「背中に効かせたい、追い込みたいのに握力がもうダメだ・・ガクン」を防いでくれる優れものです。
パワーグリップは、アナタの握力を補助してくれます。
最大限、背中に効かせられることができます。

背中のトレーニングって、背中よりも前に握力が死にます
ファイトーいっぱーつ!でも、だいたい二人の手が離れてしまいますよね。
背中トレーニングの王様「デッドリフト」や、懸垂・ローイング系(引く)などなどで、パワーグリップはアナタの絶大なる助っ人となってくれます。

 

「でもさ、パワーグリップってゴリマッチョの上級者が使う物でしょ?」って思いましたか?
私はトレーニングを始めた時、そう思っていました。
なんかヒョロイ私がパワーグリップを持ってジムに行くのも恥ずかしかったし・・・。

でも、トレーニングを始めて半年くらいたった時に気づいたんです。
誰も俺のこと見てねー!と。みんな自分のことに必死で、他人など見てません。

で、試しに購入して使ってみたら、握力が死ぬのを最大限防いでくれて、バシバシ背中に効いてきました!
初めから使ってればよかった!と後悔。遠回りせずにすんだのに。

筋トレは根性論だけではダメです。自己満で終わってしまいます。
正しいフォームで効率的に対象筋に効かせることが大事です。
たとえば、デッドリフトで、握力が死んでるのに根性で上げたとしても、フォームは崩れてしまっていて背中には効いていません。
なので、初心者の方も速攻、使われることをオススメします。

パーソナルジム「ビーコンセプト」の川井盛義トレーナーも、
「背中のトレーニングにはパワーグリップは必須」との見解でした。
ただ、例外として、腕の筋肉も鍛えたいときは、あえて使わない場合もあるとのことです。
でも、初心者は使いましょう!とのことで、私も、それから、背中トレのときは必ず使っています。

なぜゴールドジムのパワーグリップを選んだか

調べたところによると、丈夫で長持ちするという情報が多かったからです。
ブロガーやインスタグラマーのマッチョ達の多くが使っていたので、信用できたからです。
愚直に先輩が進んでる道を進む。

値段は9,000円以上しますが、論理的に細マッチョを手に入れるための投資だと思って購入しました。
安物も巷にあるようですが、耐久性はイマイチらしいです。
「安物買いのゼニ失い」になったら泣けるので、安心できる商品を購入するのをオススメします。

サイズ

私はSサイズを使っています(171㎝・63㎏)。
色々と他の方のレビューも見ましたが、日本人は、ほぼSサイズで大丈夫のようです。
昔、手首を使う運動をしていて手首が太いと思う人はMサイズが良いようです。
Lサイズって、日本人には不要でしょ~との情報が多かったです。

リストストラップとは

 

パワーグリップと同様、背中トレーニングのお供としてよく挙げられるものに「リストストラップ」があります。
↑ こういうやつです。
私はリストストラップを使ったことがありません。
その理由は、まだ私は、筋トレ初級者だからです。詳しくお話ししますね。

パワーグリップとリストストラップの違い

以下は、私が、パワーグリップとリストストラップのどちらを買おうか悩んだ時に調べた情報です。

リストストラップは、パワーグリップに比べて手首を自由に動かせるようです。
その結果、リストストラップを使えば、より細かな動きができ、背中の効かせたい部分に丁寧に効かせられるようです。
筋トレ中級者・上級者は、種目によって使い分けるようです。また、扱う重量によっても使い分けるようです。

しかし!

私はトレーニング歴11か月の初級者です(2018年8月現在)。
そして、私が目指すべきは細マッチョ。ゴリゴリな筋肉はいらない。
なので、初心者でも簡単に使えると言われているパワーグリップを購入することにしました。

何を目指すかにもよりますが、アナタが、ゴリマッチョではなく、細マッチョを目指すのであれば、まずはパワーグリップから始めても良いのではないでしょうか。
パワーグリップだけでも、下の写真のようになれました。

使い方に慣れてきて、知識や知恵もついてきた段階でリストストラップの購入を検討されても良い気がします。
私はまだパワーグリップを続けてみます(2018年8月現在)。

おわりに

今回は、私の後悔も踏まえて、これからトレーニングを始める方に「パワーグリップ」をご紹介しました。
論理的に細マッチョを目指すには必須のアイテムだと思っています。

私もこれから研究を続けてトレーニングしていきます!
これからも試行錯誤。有益な情報を提供いたします。
最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

弁護士 林孝匡

1)お役立ち法律コラム、2)法律ニュース、3)筋トレ記事、4)笑えたネタなどを書きます。オモシロおかしく伝えることをモットーにしています。論理的な筋トレに目覚めたので、筋トレ記事では、細マッチョになりたい男性に向けて私の経験を伝えます。