いま流行りの「退職代行サービス」は違法なのか?

The following two tabs change content below.
弁護士 林孝匡

弁護士 林孝匡

1)お役立ち法律コラム、2)法律ニュース、3)筋トレ記事、4)笑えたネタなどを書きます。オモシロおかしく伝えることをモットーにしています。論理的な筋トレに目覚めたので、筋トレ記事では、細マッチョになりたい男性に向けて私の経験を伝えます。

弁護護士資格ナシで「交渉」すると違法になるので、
会社に代行通知するサービスだけを提供している模様。

代行通知しているだけなら「合法」。

交渉すると弁護士法第72条に違反する。
弁護士法72条
弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

2017年にサービスをスタートさせて、現在月に200~250件ほどの退職を代行しているとのこと。

ニーズがこれだけあるとは・・・。

弁護士である私も、世のニーズを拾うセンスを磨いて、いいサービス提供するぞ!

【退職代行サービス「EXIT」を運営して、どんなことが分かってきたのか】http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1810/10/news016.html

◆料金◆
退職1回
正社員 5万円
アルバイトなど 4万円

ABOUTこの記事をかいた人

弁護士 林孝匡

1)お役立ち法律コラム、2)法律ニュース、3)筋トレ記事、4)笑えたネタなどを書きます。オモシロおかしく伝えることをモットーにしています。論理的な筋トレに目覚めたので、筋トレ記事では、細マッチョになりたい男性に向けて私の経験を伝えます。