印鑑なんて意味ない。ただの赤色の汚れや。

The following two tabs change content below.
弁護士 林孝匡

弁護士 林孝匡

1)お役立ち法律コラム、2)法律ニュース、3)筋トレ記事、4)笑えたネタなどを書きます。オモシロおかしく伝えることをモットーにしています。論理的な筋トレに目覚めたので、筋トレ記事では、細マッチョになりたい男性に向けて私の経験を伝えます。

先日、裁判にて。
印鑑の無意味さが炸裂する出来事があった。

ある書面にサインをして裁判所にFAXした。

翌日、法廷に入り着席したところ、書記官が私のところへやってきた。

書記官「きのう送られてきた書面に印鑑が押されていないので押してほしい」

私「持ってきてないです」

書記官「印鑑がないならサインでいいです」

え?

私は、自分のサインの横に自分のサインをした。

書記官「これで大丈夫です」

なにが大丈夫なんや!

99%の印鑑に意味はない。

書面の信頼性が認印によってアップするわけではない。
あんなものは、ただの赤色の汚れだ。
本質を見誤ってはいけない。

ABOUTこの記事をかいた人

弁護士 林孝匡

1)お役立ち法律コラム、2)法律ニュース、3)筋トレ記事、4)笑えたネタなどを書きます。オモシロおかしく伝えることをモットーにしています。論理的な筋トレに目覚めたので、筋トレ記事では、細マッチョになりたい男性に向けて私の経験を伝えます。