【義父母を介護した人にもチャンスが】相続法改正

The following two tabs change content below.
弁護士 林孝匡

弁護士 林孝匡

1)お役立ち法律コラム、2)法律ニュース、3)筋トレ記事、4)笑えたネタなどを書きます。オモシロおかしく伝えることをモットーにしています。論理的な筋トレに目覚めたので、筋トレ記事では、細マッチョになりたい男性に向けて私の経験を伝えます。

相続法が改正されました。

養父母を介護した人も「特別寄与料」を請求できるようになりました
(ただし認定のハードルは高い)。

メガネの私が死んだ場合。

写真でいうと
私を介護したピンク(長男の嫁)は相続人ではないけど、今回の改正で、私を献身的に介護してくれると貢献分の金銭を受け取れるようになりました。

今後、介護する予定のある人は、介護日記などの記録をとり、出費の際の領収書などを保管することを覚えておきましょう。
司法は「証拠が命」です。

ちなみに私は「争族」あらそいを避けるため財産を残しません。
死ぬとき財布に900円くらいしかないと思うので、分配は写真のとおりとなります。

「いやホンマに親父カネ残さず死んだやん」「変なオヤジやったなー」と毒づきながらも、年に1回くらいは子供らが集まってワイワイ酒飲んでくれたらなーと思ってます。

ABOUTこの記事をかいた人

弁護士 林孝匡

1)お役立ち法律コラム、2)法律ニュース、3)筋トレ記事、4)笑えたネタなどを書きます。オモシロおかしく伝えることをモットーにしています。論理的な筋トレに目覚めたので、筋トレ記事では、細マッチョになりたい男性に向けて私の経験を伝えます。