弁護士が選ぶコスパ最強の筋トレシューズ【初心者向け】

The following two tabs change content below.
弁護士 林孝匡

弁護士 林孝匡

1)お役立ち法律コラム、2)法律ニュース、3)筋トレ記事、4)笑えたネタなどを書きます。オモシロおかしく伝えることをモットーにしています。論理的な筋トレに目覚めたので、筋トレ記事では、細マッチョになりたい男性に向けて私の経験を伝えます。

はじめに

こんにちは、弁護士の林孝匡です。
今回は筋トレシューズについての記事です。

結論は、ワークマンの「建さんⅡ」(680円)がオススメ。

ジョギングシューズではありません。
下記のような、ウェイトトレーニングをする方のためのシューズです。

なので、ウェイトトレーニングを始めようとしている方だけ、読み進めて下さい。

私は、シンプルかつ論理的なボディメイクに挑戦しています。
多忙な中、どうやったら効率的に細マッチョになれるんだろう、と模索しています。
サプリなどにあまりお金をかけずに、そこそこの細マッチョになりたい、って感じです。

目指すは細マッチョです。ゴリマッチョではありません。
下記写真くらいを目指しています。

同じような身体を目指す方に、私のトレーニング体験・食事・サプリなどをお伝えしていきます。

また、パーソナルトレーニングを受けたので、そこで得た知識などもシェアします。
以下のパーソナルジム「ビーコンセプト」で、2018年11月~2019年1月末ころまで徹底的に行います。
(アフターフォロー6回を含めると、2019年7月末まで(予定))。

↓ ここでパーソナルを受けた ↓
 

建さんⅡを選んだ理由

建さんⅡを選んだ理由は、筋トレ上級者達がこぞってオススメしていたからです。
コスパは最強だと。
 
建さんⅡの良いところは、
  • 靴底が固い
  • 靴底がフラット
  • 軽い
  • 安い(680円)

です。
ワークマンの公式通販サイトでも買えますが、送料がかかります。
サイズ感が大事なので、直接店舗で購入することをオススメします。
私は直接店舗で購入しました。

ワークマンは、建設現場で作業する方が買いに行くところのはずです。
しかし、下記のように、購入者の感想がトレーニング目線なんです。
それくらい多くのトレーニーに愛用されているということですね。




ウェイトトレーニングのシューズに必要な条件

私は筋トレを始めたとき、ジョギングシューズでウェイトトレーニングしていました。
でも、コレはダメなんですね。
なぜなら、ジョギングシューズはクッション性が高いから。

クッション性が高いと、スクワットやデッドリフトで高重量を扱った時に、足裏が不安定になります。
不安定になると、効かせたい筋肉に効かせにくいし、怪我のリスクもあります。

なので、ウェイトトレーニングをする際のシューズは靴底が平らな方が良いとされています。

ウェイトトレーニングをする際のシューズに求められる条件は、以下のとおりです。

  1. 靴底が平らである
  2. 靴底が固い
  3. キチント足が締めつけられている
  4. 靴底が滑らない

建さんⅡは、上記4つの条件をすべて満たしています。

↓ 1.靴底は平ら
  2.靴底は固い

↓ 4.靴底が滑らない

ただ、サイズには注意してください。
靴ヒモがないので、ジャストサイズか少し窮屈くらいのサイズを選ぶことをオススメします。

私は、足が超~ちっこいので、24.5cmを購入しました。

とてもシンプルです。

以前は、下のコンバースを使っていたのですが、若干重いので、持ち運びがちょいしんどい。
コンバースも、筋トレ上級者がオススメしていたので良いと思います。

もしゴリマッチョを目指したい!大会に出たい!などの目標があるのであれば、5本指の靴を買うのもいいかもしれません。
1万円ちょいです。

でも私が目指すのは、そこそこの細マッチョです。
お!意外と筋肉質なんだね。と言われるくらいでいいのです。

なので、この建さんⅡで、どこまでできるかやってみます。

シューズにお金をかけずにウェイトトレーニングを始めようとしている方のご参考になれば幸いです。

お互い細マッチョを目指しましょう!




 
 

ABOUTこの記事をかいた人

弁護士 林孝匡

1)お役立ち法律コラム、2)法律ニュース、3)筋トレ記事、4)笑えたネタなどを書きます。オモシロおかしく伝えることをモットーにしています。論理的な筋トレに目覚めたので、筋トレ記事では、細マッチョになりたい男性に向けて私の経験を伝えます。