【断言】退職代行を使っても懲戒解雇にならない | 理由を解説

ブログ運営者
  • ムズイ法律を、おもしろく
  • 情報発信が専門の弁護士です

いまは、パワハラに特化してます。

プロフィール
Twitter

こんにちは。
弁護士の林 孝匡です(プロフィール

退職代行を使ったら懲戒解雇になるんですか?

なりません。

懲戒解雇、ありえません

日曜18:30のサザエさんに
ベッドシーンが登場するよりも
ありえません。

安心して下さい。

懲戒解雇にならない理由
を解説しますね。

目次をタップできるので、
気になるところからどうぞ。

今すぐ退職代行のオススメ
知りたい方はコチラをどうぞ
【この中から選べばOK】オススメの退職代行【5つ】弁護士解説

タップできる目次

【必読】退職代行の基礎知識

まだお読みになっていない方は、
まずは、コチラご一読をお願いします。
▶︎ 【完全解剖】退職代行とは? | あなたの全疑問に答えます【弁護士解説】

↑ この記事で

退職代行って、何ですか?

なぜ、労働組合運営がいいんですか?

を、詳しく書いています。

私は、
労働組合運営の退職代行】を
猛烈にオススメしています。

まぁどの退職代行を使っても、
懲戒解雇なんか認められませんが、

労働組合運営の退職代行なら、

パワハラ上司

退職代行なんか使ったから懲戒解雇だ!

って
バカ社長が出てきた場合に、

退職代行

いやいや、労働契約法上、無理ですよ

と法的根拠を示して
交渉してくれるので、安心。

労働組合運営の退職代行なら
無駄なイザコザを避けれます。

私がオススメしてる退職代行はコチラ
すべて労働組合運営
【この中から選べばOK】オススメの退職代行【5つ】弁護士解説

退職代行を使ったから懲戒解雇!が認められない理由

法律上、

懲戒解雇って、なかなかできない

んです。

その理由は、
懲戒解雇って、
労働者にとって【死刑】に等しいから。

  • 退職金はもらえない
  • 再就職が厳しい
  • 解雇予告手当ももらえない

まさに死刑。

なので、

労働契約法で、
懲戒解雇できるケースは
かなり制限されてるんです。

【労働契約法 第15条】
使用者が労働者を懲戒することができる場合において、当該懲戒が、当該懲戒に係る労働者の行為の性質及び態様その他の事情に照らして、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、当該懲戒は、無効とする

【労働契約法 16条】
解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

どういうことですか?

ざっくばらんに言えば、
懲戒解雇できるのは、
社員がムチャクチャなケースだけ
ってことです。

裁判で
懲戒解雇が認められたものは、

  • 6ヶ月の間に、24回の遅刻、14回の欠勤
    (届け出をしたのは1回だけ。それ以外は無断で遅刻欠勤)
  • 2ヶ月くらい連続的に欠勤(職場復帰命令を無視)
  • 会社のPCで出会い系サイトに複数回投稿
  • 横領、背任
  • 同僚、上司などへの暴行
  • 顧客情報の持ち出し

こんな感じです。

結構エグイやつでしょ?w

これくらいしないと
懲戒解雇って認められないんです。

なので、
パワハラ社長が、

パワハラデブ

退職代行業者を使ったから懲戒解雇だ!

って主張したとしても、

ソッコーで、

裁判官

は?無理っしょ

裁判官

退職するのは労働者の権利じゃん

裁判官

これにて閉廷!じゃ!

です。

安心して下さい。

⚠️ バックれると懲戒解雇されるおそれあり

ただし、

バックレたら、懲戒解雇されるおそれあり

さすがの裁判官も、

裁判官

何も言わずにバックれるって、社会人としてどうよ

裁判官

懲戒解雇が可能か、踏み込んで検討してみよう

と前のめりになる可能性あり。
これはマズイ。

しかし、

退職代行を使えば、懲戒解雇はありえません

なので、
退職代行を使ってでも
キチンと退職しておきましょう。

私がオススメする退職代行はコチラ
比較検討してみてください
【この中から選べばOK】オススメの退職代行【5つ】弁護士解説

まとめ:退職代行を使っても懲戒解雇されない

まとめます。

会社が、

パワハラデブ

退職代行業者を使ったから懲戒解雇だ!

って主張したとしても、

裁判所で

裁判官

は?無理っしょ

裁判官

労働契約法の要件、満たしてないじゃん

なので、安心して下さい。

冒頭でもお伝えしましたが、

どの退職代行を使っても、
懲戒解雇なんか認められませんが、

労働組合運営の退職代行なら、

パワハラ上司

退職代行なんか使ったから懲戒解雇だ!

って
バカ社長が出てきた場合に、

退職代行

いやいや、労働契約法上、無理ですよ

と法的根拠を示して
交渉してくれるので、安心。

労働組合運営の退職代行なら
無駄なイザコザを避けれます。

会社がゴチャついてきても
いなしてくれるので、
スムーズに退職できます。

私がオススメしてる退職代行はコチラ
すべて労働組合運営
【この中から選べばOK】オススメの退職代行【5つ】弁護士解説

じっくり読んで検討してみて下さい。
ブラック企業から羽ばたけることを
お祈りしています。

ブログ運営者
  • ムズイ法律を、おもしろく
  • 情報発信が専門の弁護士です

いまは、パワハラに特化してます。

プロフィール
Twitter

パワハラで悩んでる人に届けたいです
タップできる目次