やばい退職代行は対応がポンコツ | 労働組合なら100%大丈夫

こんにちは。
弁護士の林 孝匡です(プロフィール

やばい退職代行業者ってあるんですか?

安かろう悪かろうの業者は…
やばいです。
でも、労働組合運営の退職代行なら大丈夫。

退職代行を使うボクって、やばいんですかね…

そんわけありません。
みんな、当たり前のように使っています。

【辞めにくい会社は、退職代行で】
コレ、もう常識になってます。

退職代行を使った後、何かやばいこと起こります?

安かろう悪かろうの業者なら、
トラブることありますね…。

でも、労働組合運営の退職代行なら、
99.999%トラブルは起こらないです。

年末ドリームジャンボ1等!
が当たる確率より、
低いです。

結論。

労働組合運営の退職代行なら、
やばいことは起きません

この記事では、

この記事の内容
  • やばい退職代行のポンコツ対応
  • 労働組合運営の退職代行が最強な理由
  • 退職代行を使うアナタがやばくない理由
  • 労働組合運営の退職代行ならトラブルが起きない理由

を解説します。

目次をタップできるので、
気になるところからどうぞ。

今すぐオススメの退職代行を知りたい方はコチラをご覧ください
すべて最強の労働組合運営
私がLINEで根ほり葉ほり聞きました
【この中から選べばOK】オススメの退職代行【5つ】弁護士解説

タップできる目次

【必読】退職代行の基礎知識

まずは、退職代行の基礎知識を。

まだお読みになっていない方は、
コチラご一読をお願いします。
▶︎ 【完全解剖】退職代行とは? | あなたの全疑問に答えます【弁護士解説】

↑ この記事で

退職代行って、何ですか?

なぜ、労働組合運営がいいんですか?

を、詳しく書いています。

やばい退職代行のポンコツ対応

やばい退職代行業者ってあるんですか?

上の記事でも解説したとおり、
退職代行って、3種類あるんですけど、

退職代行の種類
  • 一般の業者(労働組合運営ではない)
  • 労働組合が運営している会社
  • 弁護士

安かろう悪かろうの【一般の業者】
に依頼すると、
失敗する可能性ありです。

こんな失敗
  • お金を振り込んだあとトンズラ
  • 追加費用を求められる
  • 即日対応してくれない
  • 即日退職できない
  • 会社との交渉が進まない

安かろう悪かろうの【一般の業者】だと、
こんな失敗をかますおそれがあるんです。

ポンコツです。

詳しく知りたい方はコチラ
【退職代行で失敗する5つのケース 】労働組合を選べば100%成功します

労働組合運営の退職代行が最強な理由

なので、
私は労働組合運営の退職代行を
オススメしています。

労働組合って、
法律に則って活動してるので、

労働組合法 6条

 労働組合の代表者又は労働組合の委任を受けた者は、労働組合又は組合員のために使用者又はその団体と労働協約の締結その他の事項に関して交渉する権限を有する。

やばい可能性は、ほぼゼロです。

しかも、法律的な交渉ができる。

あなたのために
こんな交渉をしてくれます。

交渉してくれること
  • 有給休暇の日数、取得
  • 退職日をいつにするか
  • 給料の支払い
  • 残業代の支払い
  • 社宅の退去関係
  • 退職金(社内規程があれば)など

控えめに言って、最強です。
サバンナのライオンです。

なので、
労働組合運営の退職代行を選んでおけば、
まず失敗することはないです。

私がオススメする退職代行はコチラ。
すべて最強の労働組合運営
私がLINEで根ほり葉ほり聞きました
【この中から選べばOK】オススメの退職代行【5つ】弁護士解説

退職代行を使うアナタは、やばくない

退職代行を使うボクって、やばいんですかね…

何いってんすか!

あなたは、正常です

退職代行を検討してる方は、

退職代行を使うなんて、非常識なのかな…

退職代行を使うって、クズなのかな…

と悩まれる方が多いんですけど、

▼ 退職代行って、もはや常識なんです

2018年、
時代はニューノーマルに突入しましたよ。

退職代行サービスが
【NHKのクローズアップ現代】
に取り上げられて、
社会的認知を獲得しました。

さらに、
あなたがやばくない理由を挙げると、

  • 退職代行は法律で認められている
  • みんな退職代行を使っている
  • 退職代行を使われる会社に問題がある
  • バックレるよりかは、迷惑をかけない
  • あなたの健康を最優先すべき

だからです。

世の中に、
いろんな代行業者がありますよね?

  • 家事代行
  • 記帳代行
  • 買い物代行
  • タクシー代行

これと同じです。

代行業者を使うあなたが、非常識なわけないんです

ぜんぜん言い足りないないので、

詳しく解説してる記事はコチラ
【あなたはクズじゃない】堂々と退職代行を使おう | クズは会社だ

労働組合運営の退職代行なら、やばいことは起きない

退職代行を使った後、何かやばいこと起こります?

労働組合運営の退職代行なら、
やばいことは、99.999%起きません。

労働組合運営の退職代行なら、

  • 嫌がらせをフルブロックしてくれるし
  • 損害賠償請求されないし
  • 懲戒解雇もされません

順番に行きますね。

嫌がらせされない

退職代行を使ったら嫌がらせされないですかね?

労働組合運営の退職代行なら
大丈夫です。
嫌がらせをフルブロックしてくれます。

でも、

安かろう悪かろう(数千円〜1万円)
一般の業者に依頼すると、
ちょいやばいことが起きるかもしれません。

こんな嫌がらせされるおそれありです。

嫌がらせ
  1. あなたに鬼電(親にも)
  2. 自宅に来る
  3. 即日退職ができない
  4. 離職票などを発行しない
  5. 有給を消化できない
  6. 給料を払わない
  7. 損害賠償請求すると脅される
  8. 懲戒解雇すると脅される

でも、労働組合運営の退職代行なら大丈夫。

なぜなら、防御力が最強だから。

労働組合法、最強

会社は、

会社

うっ…労働組合運営の退職代行か。イランことしたらヤベーな

となって、
99.9999%嫌がらせをしてこないんです。

やばいことは、ほぼ起きません。

詳しくはコチラ
【嫌がらせをフルブロック】退職代行なら労働組合がマジ最強 | 理由を解説

損害賠償請求されない

退職代行を使ったら損害賠償請求されないですか?

労働組合運営の退職代行に依頼すれば、
大丈夫です。

【損害賠償請求される】っていう
やばいことも起こらないです。

もし会社が

パワハラ上司

退職代行を使ったから損害賠償請求する!

と、裁判所で主張したとしましょう。

〜 開廷 〜

裁判官

は?…請求を棄却する

裁判官

これにて閉廷!じゃ!

瞬殺。

あなたの勝利です

軽く解説しますね。

会社って、いつでも辞めれるんです。

【民法627条1項】
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

退職代行って、

「辞めます!」
という合法的な申し入れを、
退職代行さんに言ってもらうだけなんです。

それが違法になるわけがないんです

ちょっと小難しくなりますが、

会社があなたを訴えた場合、
会社が以下の立証をしないといけないんです。

・退職代行を使ったことによる損害 
・その金額
・損害との間の因果関係

この立証が成功することは、
ありえないです。

人類誕生以来、裁判例がないです

さらに、
弁護士も受けないと思います。

もし私が、
会社から依頼されたとしましょう。

パワハラ社長

林先生!退職代行を使った〇〇を訴えてくれ!

と依頼されたら、

社長の肩をポンと叩いて、
満面の笑顔で、

社長、勝てないっすよ

弁護士費用ムダですよ。ていうか人を指さすなよデブ!

です。

まぁ負け戦を仕掛けてくる会社なんか、
0.1%もないと思います。

勝てる見込みナシですし、

弁護士に依頼すると、
・着手金だけで50万〜100万円
・裁判は1年以上かかる

こんなことしてくる無謀会社、
まずありません。

労働組合運営の退職代行なら、
法律的な交渉ができるので、

会社が、

パワハラ上司

損害賠償請求するぞ!

と脅してきても、

退職代行

損害と退職との間の因果関係を証明してください

と、ビシッと反論してくれます。

パワハラ上司

うっ…..

で試合終了。

【損害賠償請求される】っていう
やばいことが起こる確率、ほぼゼロです。

さらに詳しく知りたい方はコチラ
【断言】退職代行を使っても大丈夫 | 損害賠償請求は認められない

懲戒解雇は認められない

退職代行を使ったら懲戒解雇されるかもって見たんですが…

ありえないです。
安心してください。

法律上、

懲戒解雇って、なかなかできない

んです。

その理由は、
懲戒解雇って、
労働者にとって【死刑】に等しいから。

なので、
懲戒解雇できるケースは
かなり制限されてるんです。

【労働契約法 第15条】
使用者が労働者を懲戒することができる場合において、当該懲戒が、当該懲戒に係る労働者の行為の性質及び態様その他の事情に照らして、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、当該懲戒は、無効とする

【労働契約法 16条】
解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

どういうことですか?

ざっくばらんに言えば、
懲戒解雇できるのは、
社員がムチャクチャなケースだけ
ってことです。

裁判で
懲戒解雇が認められたものは、

  • 6ヶ月の間に、24回の遅刻、14回の欠勤
    (届け出をしたのは1回だけ。それ以外は無断で遅刻欠勤)
  • 2ヶ月くらい連続的に欠勤(職場復帰命令を無視)
  • 会社のPCで出会い系サイトに複数回投稿
  • 横領、背任
  • 同僚、上司などへの暴行
  • 顧客情報の持ち出し

こんな感じです。

結構エグイやつでしょ?w

これくらいしないと
懲戒解雇って認められないんです。

なので、
パワハラ社長が、

パワハラデブ

退職代行業者を使ったから懲戒解雇だ!

って主張したとしても、

ソッコーで、

裁判官

は?無理っしょ

裁判官

退職するのは労働者の権利じゃん

裁判官

これにて閉廷!じゃ!

です。

懲戒解雇っていう
やばいことは起きません。

安心してください。

さらに詳しく知りたい方はコチラ
【断言】退職代行を使っても懲戒解雇にならない | 理由を解説

ここも、
労働組合運営の退職代行なら、

パワハラ上司

退職代行なんか使ったから懲戒解雇だ!

って
バカ社長が出てきた場合に、

退職代行

いやいや、労働契約法上、無理ですよ

と法的根拠を示して
交渉してくれるので、安心。

労働組合運営の退職代行なら
無駄なイザコザを避けれます。

まとめ:労働組合運営の退職代行なら、やばいことは起きない

最後、まとめますね。

労働組合運営の退職代行なら

  • 法律に則っているのでやばいことは起きない
  • 嫌がらせされない
  • 損害賠償請求されない
  • 懲戒解雇されない

あと、最強に強調させてください。

退職代行を使うアナタは、やばくない

辞めにくい会社を去るとき、
みんなが使ってます。

↓ こちらを読んで比較検討してみて下さいね

私がオススメしてる退職代行
✔︎ すべて最強の労働組合運営
✔︎ 私がLINEで根ほり葉ほり聞きました
【この中から選べばOK】オススメの退職代行【5つ】弁護士解説

ブラック企業から羽ばたけることを、
お祈りしています。

パワハラで悩んでる人に届けたいす
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる