【リスクゼロ】違法じゃない退職代行を選ぶなら労働組合 | コスパ最強

こんにちは。
弁護士の林 孝匡です(プロフィール

退職代行を使いたいんだけど、違法なのかな?ネットでチラホラ書かれてて…

労働組合運営の退職代行なら、
交渉してくれるし、合法です

退職代行を使ってキチント退職できるかな

労働組合運営の退職代行なら、
100%合法的に退職できます。

なにかトラブルに巻き込まれないのかな

労働組合運営の退職代行なら、
トラブルに巻き込まれません。

しつこくてスミマセンが、
結論、

労働組合運営の退職代行に依頼すれば、
あなたはスムーズに羽ばたけます。

この記事では、

  • 労働組合運営の退職代行が合法な理由
  • 損害賠償請求されない理由
  • 懲戒解雇されない理由
  • 嫌がらせされない理由

を書きます。

目次をタップできるので、
気になるところからどうぞ。

今すぐオススメの退職代行を知りたい方はコチラをご覧ください
すべて最強の労働組合運営
私がLINEで根ほり葉ほり聞きました
【この中から選べばOK】オススメの退職代行【5つ】弁護士解説

タップできる目次

【必読】退職代行の基礎知識

まずは、退職代行の基礎知識を。

まだお読みになっていない方は、
コチラご一読をお願いします。
▶︎ 【完全解剖】退職代行とは? | あなたの全疑問に答えます【弁護士解説】

↑ この記事で

退職代行って、何ですか?

なぜ、労働組合運営がいいんですか?

を、詳しく書いています。

労働組合運営の退職代行が違法【じゃない】理由

上の記事でも書きましたが、
労働組合運営の退職代行】は
違法じゃありません。

理由は、

労働組合法のお墨付きを得てるから

労働組合運営の退職代行は、
法律的な交渉ができるんです。

控えめに言って、最強ですわ。

労働組合法 6条

 労働組合の代表者又は労働組合の委任を受けた者は、労働組合又は組合員のために使用者又はその団体と労働協約の締結その他の事項に関して交渉する権限を有する。

あなたのために
こんな交渉をしてくれます。

交渉してくれること
  • 有給休暇の日数、取得
  • 退職日をいつにするか
  • 給料の支払い
  • 残業代の支払い
  • 社宅の退去関係
  • 退職金(社内規程があれば)など

でも、

【一般の】代行業者が交渉しちゃうと違法です

ネットで、
「退職代行は違法だ!」
って言ってるのはコレです。

でも、労働組合運営の退職代行なら、
交渉しても違法じゃない。

労働組合法、サイキョー

労働組合運営の退職代行をオススメする理由

そして私は、
労働組合運営の退職代行】を
猛烈にオススメしています。

理由は上でお伝えしたとおり、
あなたのために
こんな交渉をしてくれるから。

交渉してくれること
  • 有給休暇の日数、取得
  • 退職日をいつにするか
  • 給料の支払い
  • 残業代の支払い
  • 社宅の退去関係
  • 退職金(社内規程があれば)など

かりに会社が

はぁ?有給なんか認めねーよ!

って言ってきた場合、
【一般の業者】だと、なす術がないんです…。
交渉すると違法になっちゃうんで。
※ 弁護士法72条違反(非弁

ところがどっこい!

労働組合運営の退職代行なら、
有給についてキチント話をしてくれて、

有給をもぎとって、退職に導いてくれます

弁護士さんは有給消化を勝ちとれないの?

もちろん、勝ちとれますよ。

ただ、

弁護士は、高いっすよ(5万〜10万)

弁護士の林孝匡って人は
10万円です w

なので、私は、
コスパ最強の労働組合運営の退職代行
をオススメしてます
(24,000〜30,000円)

私がオススメしてる退職代行はコチラ
すべて最強の労働組合運営
【この中から選べばOK】オススメの退職代行【5つ】弁護士解説

労働組合運営の退職代行ならキチント退職できる

退職代行を使ってキチント退職できるんでしょうか

100%、キチント退職できます。

退職できないって、ありえないんです。

法律的に。

民法627条1項
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法628条
当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う

要は、
手続きを踏めばキチント辞めれます。

労働組合運営の退職代行は、
労働組合法のお墨付きを得た
プロフェッショナル。

退職が失敗することなど、ありえないんです。

私がオススメしてる退職代行はコチラ
退職成功率100%です
すべて労働組合運営の退職代行
【この中から選べばOK】オススメの退職代行【5つ】弁護士解説

損害賠償請求など認められない

損害賠償請求されないですかね?

2億%、大丈夫です。

万が一、会社が、

パワハラ上司

退職代行を使ったから損害賠償請求する!

と、裁判所で主張したとしましょう。

〜 開廷 〜

裁判官

は?…請求を棄却する

裁判官

これにて閉廷!じゃ!

瞬殺。

あなたの勝利です

理由を詳しく知りたい方はコチラ
【断言】退職代行を使っても大丈夫 | 損害賠償請求は認められない

====

退職手続きをしてる段階でも、
労働組合運営の退職代行は
心強いです。

法律的な交渉ができるので、

会社が、

パワハラ上司

損害賠償請求するぞ!

と脅してきても、

退職代行

損害と退職との間の因果関係を証明してください

と、ビシッと反論してくれます。

私がオススメしてる退職代行はコチラ
すべて労働組合運営
【この中から選べばOK】オススメの退職代行【5つ】弁護士解説

損害賠償請求してきても、
ゼッタイに認められないです。

懲戒解雇など認められない

懲戒解雇されないですかね?

大丈夫です。

会社が、

パワハラデブ

退職代行業者を使ったから懲戒解雇だ!

って主張したとしても、

裁判所で

裁判官

は?無理っしょ

裁判官

労働契約法の要件、満たしてないじゃん

なので、安心して下さい。

詳しく知りたい方はコチラ
【断言】退職代行を使っても懲戒解雇にならない | 理由を解説

ここも、
労働組合運営の退職代行なら、

パワハラ上司

退職代行なんか使ったから懲戒解雇だ!

って
バカ社長が出てきた場合に、

退職代行

いやいや、労働契約法上、無理ですよ

と法的根拠を示して
交渉してくれるので、安心。

労働組合運営の退職代行なら
無駄なイザコザを避けれます。

会社がゴチャついてきても
いなしてくれるので、
スムーズに退職できます。

労働組合運営の退職代行なら嫌がらせされない

会社から嫌がらせされないですか?

安かろう悪かろう(数千円〜1万円)の
一般の業者に依頼すると、
こんな嫌がらせされるおそれありです。

・あなたに鬼電(親にも)
・自宅に来る
・即日退職させてくれない
・離職票などを発行してくれない
・有給を消化できない
・給料を払わない
などなど

でも、

労働組合運営の退職代行】を使えば、
嫌がらせされる可能性は、
ほぼゼロです。

嫌がらせを、全部ブロックしてくれるんです

労働組合は、マジで最強ですから。

詳しく知りたい方はコチラ
【嫌がらせをフルブロック】退職代行なら労働組合がマジ最強 | 理由を解説

⚠️ バックレは危険

退職代行が違法うんぬんの話よりも、
バックレに注意してくださいね。

バックレは、超危険です

バックレると、こんなリスクがあるからです。

  • 損害賠償請求されるおそれ
  • 懲戒解雇されるおそれ
  • 鬼電
  • 親にもTEL(身元保証人)
  • 上司が家に来るおそれ
  • 最悪の場合、警察に捜索願
  • 退職手続きが遅れる

でも、労働組合運営の退職代行に依頼すれば、
リスクをほぼゼロにできます。

  • 損害賠償請求されない
  • 懲戒解雇されない
  • 上司から電話がかかってこない
  • 親にもTELされない
  • 上司が家に来こない
  • 退職手続きがスムーズに進む

詳しく知りたい方はコチラ
【バックレると超危険】退職代行を使えばリスクゼロ | 理由を解説

まとめ:労働組合運営の退職代行なら違法じゃない

最後、まとめますね。

労働組合運営の退職代行なら、
違法じゃありません。
完全に合法。

理由は、

労働組合法のお墨付きを得てるから

↓ こちらを読んで比較検討してみて下さいね

私がオススメしてる退職代行
✔︎ すべて最強の労働組合運営
✔︎ 私がLINEで根ほり葉ほり聞きました
【この中から選べばOK】オススメの退職代行【5つ】弁護士解説

ブラック企業から羽ばたけることを、
お祈りしています。

パワハラで悩んでる人に届けたいす
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる