【裁判事例】19歳の新入社員が自殺|パワハラ上司が「死んでしまえ」

弁護士の林孝匡です(プロフィール)  

新人1年目の若者を
自殺に追い込んだ事件です。  
暁産業事件/福井地裁 H26.11.28  

高校を卒業したばかりの
19歳の新入社員でした。
入社して、わずか8ヶ月後の自殺でした。

原因は、上司の暴言によるパワハラです。

ご遺族が、会社と上司2名に対して
損害賠償請求をしました。  

裁判所は、会社と上司に対し、
約7200万円の支払いを命じました。
(逸失利益+慰謝料+弁護士費用)

この裁判では、
部下が詳細に書いた手帳を証拠として、
パワハラが認定されています。

詳しく述べます。

タップできる目次

会社の概要

会社は、消化器販売、消火設備のメンテナンスなどを行う会社です。

お亡くなりになったXさんは、
19歳の新入社員でした。

パワハラをした上司Yは、
Xさんの直属の上司でした(リーダー)

ご遺族は、Yの上司である〈Z部長〉も訴えましたが、Z部長への請求は認められませんでした。
理由は、Z部長はパワハラを認識できなかったから、とされています。
あとで解説します。

自殺に至るまでの経緯

平成22年4月1日に入社して、
12月6日に命を絶ちました。

詳しい経緯は、以下のとおりです。

H22.2.10 Xさんが会社でアルバイト勤務
     (高校3年生のとき)    
4.1  入社 正社員として働き始める

仕事内容は、消防設備などのメンテナンス。ショッピングセンターや企業を回っていました。  上司Yと2人で現場を回ることが多かったです。

上司Yは、Xさんが仕事を覚えないことに苛立っていました。
なので、Xさんに対し、
〈自分が注意したことは必ず手帳に書きなさい。それをノートの書き写しなさい〉
と指導しました。

裁判官は、
7月〜11月の手帳の記載をみて
「きまじめな好青年である」
と認定しています。

7月ころの手帳の記載は、以下のとおりです。

——–

7月半ば 

Xさんが、泣きながら母に話        
「仕事をやめてもいいか?」    
母が「どうしたのか」尋ねたところ、
上司Yから〈仕事がはかどらないから車の中にいろ〉と言われた     
30〜40分ほど泣きながら電話  

黄色マーカー部分が、
〈パワハラにあたる〉
と認定されました。


母親の証言によれば、
「このころ、息子から笑顔が消えていた、
帰宅してもすぐソファで横になる、    
食事をとらず風呂にも入らず」  

10.6  XさんがZ部長に退職の申し出
     →拒否される

11.29 
首をつるためのロープを購入 遺書を書く  

遺書の内容
丁原部長はZ部長のこと、
丙川さんは上司Yのことです

皆様へ。半年ちょっとという短い期間でしたが、皆様と一緒に仕事ができて楽しかったです。
社長へ、勝手に行ってしまって申し訳ありません。半年間だけでも、社長の元で勉強させていただいたことを、誇りに思います。半年間、ありがとうございました。
丁原部長へ、半年間、ご指導いただき、ありがとうございました。役立たずで申し訳ありませんでした。
丙川さんへ、多分社員の中で一番迷惑をかけてしまいました。直せと言われ続けていたのに、何も変われなくてごめんなさい、とりあえず私はあなたが嫌いです。大嫌いです。でも、言われ続けたことに嘘はなかったです。全て私と、私に関わる人たちのために言われていたのだと思います。

12.6    
午前6時13分 会社から不在着信      
14分 Xさんが折り返す 上司Yと会話
    その後まもなく、自分の部屋で首をつる
30分 母が発見   

12.6の週と翌週、上司Yと2人だけで現場に行く予定でした。
張り詰めていた糸が、ここで糸が切れてしまったんだと思います

手帳を証拠として認めた理由  

裁判所は、

  • 上司YがXさんに対して〈指導されたことを手帳に書いてノートに写しなさい〉と言ったことを認めている
  • すべての日付が、Xさんと上司Yが一緒だった日と一致している (客観的事実と一致している)  

ことを理由に、
手帳を証拠として認めました。

林の見解

一般的には、手帳が証拠として認められる可能性は低いです。

しかし、本件では、
手帳の記載が具体的であったこと、
Xさんの生真面目さがにじみ出ていたこと、
から、裁判官の心を動かしたのではと推測しています。

裁判所が認定したパワハラ発言

手帳に基づいて
裁判官は、

「これからすると、手帳の記載内容は、一部自問自答の部分を含むため不明瞭な部分があるとはいえ、この記載によると、Xさんは上司Yから次のような言葉またはこれに類する言葉を投げかけられたことが認められる」

そして、上司Yが投げかけた言葉として、

↑手帳の黄色マーカー部分がパワハラにあたる
と認定しました。

具体的には、
「これらの発言は、仕事上のミスに対する叱責の域を超えて、Xさんの人格を否定し、威迫するものである。これらの言葉が経験豊かな上司から入社後1年にも満たない社員に対してなされたことを考えると典型的なパワーハラスメントと言わざるを得ず、不法行為に当たる」

と認定しました。

上司は、おそらく〈そのような言葉を投げかけたことはない〉と言ったんでしょうか。
裁判になると、上司は、パワハラの事実を否定します

しかし、裁判所は、
「上司Yの供述は〜採用できない」 と言い、
手帳の記載を信用しました。

■ 暴行の有無について

Xさんのお父様は〈息子が暴力を振るわれていた〉と主張していました。
しかし、裁判所は
「なお、上司YがXさんに対して暴力を振るったことに沿う証拠はない」
として、認めませんでした。

厳しい現実ですが、
証拠がなければ、裁判所は認めてくれません。上司・会社を訴えたい方は、コチラの記事もご覧ください
【証拠9選】パワハラ上司&会社を訴えるために【ゼッタイ必要】

自殺の原因はパワハラか(最大の争点)

自殺の原因はパワハラか?
これは、裁判で徹底的に争われます。
※ 相当因果関係といいます  

会社は徹底的に争ってきます。

因果関係が認められると、
すなわち〈自殺の原因はパワハラにある〉と認定されると、
会社は数千万円の損害賠償金の支払いを命じられるからです。
 
この事件でも、
Xさんのご遺族側と会社側が、
医師の意見書を提出して争いました。

ーーーーーー

会社の主張は、次のとおり

会社の主張

「Xさんは、勤務中に車の中で居眠りすることがあった。Xさんは閉塞性睡眠時無呼吸低呼吸症候群という病気にかかっていた。 自殺した原因はパワハラではない。自分の能力に悲観して亡くなった」    

そして、その裏付けとして、
ある医者の意見書を提出しました。

しかし、裁判所は、

「会社側が根拠としている医師の意見書は、医師自らが〈正確な医学的検査をしていない〉〈Xさんと直接会ったわけでもなく、また具体的に働いている現場を見ているわけではないので、推測でしかない〉と認めるように、医学的根拠に乏しく、被告らの主張は理由がない」 と判断しました。

そして、Xさんが自殺した原因はパワハラであると認定しました。
※ 相当因果関係が認められました

裁判官の思考過程は、
次のとおりです。

判決原文から抽出して
箇条がきにしています。

裁判官の思考過程
  • メモに記載しているように、Xさんはミスをなくそうと誠実に努力していた。  
  • そのような状況なのにもかかわらず、上司YはXさんの人格を否定する言動を執拗に繰り返し投げかけた  
  • このような上司Yの言動から受けるXさんの心理的負荷は極めて強度だった。なぜなら、Xさんは高卒の新入社員なので、仕事をするときの緊張感や上司からの指導を受けたときの圧迫感は相当大きかったからである。  
  • Xさんが受けた心理的負荷の大きさに照らせば、上司Yの言動は、Xさんに精神障害を発症させるほどのものであったと認められる。
  • 業務以外に、心理的負荷がかかるような出来事はなかった。
     ※ 林の追記 → 裁判官は、パワハラの他に要因があるか?を検討します。  
  • Xさんには特異な性格傾向や既往症、生活史、アルコール依存症などなかった。  
  • 性格的な偏りもないし、むしろ、手帳の記載を見れば、きまじめな好青年である

    ※ 林の追記 いつ精神障害が発症したかの認定に進みます
     
  • そうすると、Xさんがロープを購入し遺言書を作成した日(11月29日)には、上司Yの言動が原因で〈中等症うつ病エピソード〉を発症していたと推定できる。(監督所長が依頼した専門医の意見〈正常な認識、行為選択能力及び抑制力が著しく阻害された状態になり、自殺に至った〉は採用できる)     

    ※ 林の追記 その1週間後(12月6日)に自殺
  • よって、上司YのパワハラとXさんの自殺との間の相当因果関係は認められる

この因果関係の審理だけで、
1年〜1年半くらいはかかります。  

裁判所が認めた金額  

  • 逸失利益 4727万3162円    
    逸失利益とは〈65歳くらいまで生きていたとすれば収入をいくら得ていたか〉というものです。    
    計算方法は色々あります(ライプニッツ係数・新ホフマン係数など)    

    〈この裁判の計算式〉
     年収523万0200円×(1−0.5)×18.077(48年に対応するライプニッツ係数)=4727万3162円    
     
  • 慰謝料 2300万円    
    裁判官は、特に理由を示しませんでした。  
  • 弁護士費用 600万円

Z部長への請求は認められず

Z部長への請求は、
認められませんでした。

理由は、
Z部長はパワハラの事実を知ることが出来なかった
という点にあります。

メモ

パワハラは〈上司ごと〉に判断されます

退職を申し出たときの様子

XさんがZ部長に退職を申し出たときのことについて、

ご遺族は
「Z部長から厳しく叱責され、暴言を吐かれた」
と主張しました。

しかし、裁判所は
「証拠がない」
として、認定しませんでした。

メモ

上司から暴言を吐かれそうなシチュエーションになりそうなときは、録音して臨みましょう。スマホで構いません。

裁判の長さ  

地裁で2年半以上です。  
医師の意見書の提出などで審理が長引いたと思います。  

相当因果関係の審理は非常に長引きます。  
控訴されたので、さらに4ヶ月〜9ヶ月位かかったと思います。  

控訴審では会社の言い分が一部認められています。  
どれだけ認められたのか、詳細は不明です。

最後に

責任感の強い若者が命を絶った、
悲しい事件です。

社会に出たてで、右も左も分らないときに、
執拗なパワハラを受け続け、精神が病んでしまいました。

Z部長はXさんの退職届けを拒否してますが、
会社は、
アナタが出した退職届を拒否できません

民法に書いてあるんです。

根拠条文

民法・第627条

①当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する

2週間後に辞めます」と言って、
退職届を出して一方的に辞めることができます
※ 契約期間がなければ一方的に辞められます
※ もし契約期間がある場合は「やむを得ない事由」が必要です

言い出しにくければ、いまは退職代行もあります。退職手続きを引き受けてくれます。

思いつめたときは、
ご家族や友人に相談して、
すぐに会社を辞めて下さい。

厚生労働省の相談窓口もあります。
働く人の「こころの耳相談」

〈死にたい〉と思わせる会社が悪いんです。
アナタは悪くありません。

パワハラ企業を辞め、
心が回復することをお祈りしています。

お役に立ったらシェアお願いします
タップできる目次
閉じる