【同僚からの嫌がらせ】パワハラになる2つのケース|対処法も解説

弁護士の林 孝匡です(プロフィール

この記事では、

この記事の内容

同僚からの嫌がらせがパワハラになるケース〈2つ〉

を解説します。

え?パワハラって、上司やパイセンからですよね?

同僚からの嫌がらせもパワハラになるんですか?

同僚からでも、
パワハラになるケースがあるんです。
パワハラ防止法に規定されましたから
(2020年成立)

結論からいうと

・イジワル(あなたに業務メールを回さないなど、もろもろ)
・同僚2人以上からのイジメ

です。

同僚から嫌がらせを受けてる人
に読んでいただきたいです。

対処方法も書いています。

タップできる目次

【2つ】同僚からの嫌がらせがパワハラになるケース

同僚からの嫌がらせがパワハラになるケースは、2つあります。

ザックリいえば、

・イジワル(あなたに業務メールを回さないなど、もろもろ)
・同僚2人以上からのイジメ

です。

ちょっとカタくなりますが、
理由を解説します。

おやすみなさい

wake up!
大切なんですよ!

上司や外部機関に相談するときに必要です。
「同僚からの嫌がらせもパワハラなんですよ!」と
キチンと理詰めで説明しましょう。

ガンバッてついてきてくださいw

まずは、
パワハラって何なのか押さえて下さい。
以下の3要件すべてにあてはまれば
パワハラになります。

パワハラの3要件
  1. 優越的な関係を背景とした言動
  2. 業務上必要かつ相当な範囲を超えている
  3. 労働者の就業環境が害されてる

    パワハラ防止法30条の2・厚生労働省指針2(1)

で、1から順番に説明しますね。

・イジワル(あなたに業務メールを回さないなど、もろもろ)
・同僚2人以上からのイジメ

は、1. 優越的な関係を背景とした言動にあたります。
厚生労働省指針に書いてあるんです。

で、ここからは私の見解ですが、

イジワル2人以上からのイジメは、

要件2も満たす

仕事上、ゼッタイに不要だから

要件3も満たす

あなたの働く環境が悪くなってるから

3つの要件すべて満たすので、パワハラだ!
ということです。

なるほど!

テメェ!

くわしく解説しますね。

イジワル

あなたに業務メールを回さないクソヤロー
いますよね。
イジワルなお局とか。

います!私たちをイジメるのが仕事なのかしら!

わかります。

プライベートが充実してないババァである傾向が強いです。
ハーバード大学の最新の研究で明らかになっています。
※ なっていません

あと、メールに限りません。
あなたに情報を回さない性格のワルイやつ
いますよね。

こんなイジワルは、
1.優越的な関係を背景とした言動にあたります。
厚生労働省が言ってます。

同僚又は部下による言動で、当該言動を行う者が業務上必要な知識や豊富な経験を有しており当該者の協力を得なければ業務の円滑な遂行を行うことが困難であるもの
厚生労働省指針2(4)

このオカタイ文章を、4文字で表すと
イジワル】なんです。

このイジワルが、
パワハラ3要件にあてはまるか、
見てみましょう。

パワハラの3要件
  1. 優越的な関係を背景とした言動
  2. 業務上必要かつ相当な範囲を超えている
  3. 労働者の就業環境が害されてる

    パワハラ防止法30条の2・厚生労働省指針2(1)
  1. はOK(厚生労働省が言ってるから)

要件2も満たす

イジワルなんぞ、業務上不要だから

要件3も満たす

イジワルは、あなたを働きにくくしているから

パワハラの3要件をみたす。
よってパワハラだ!

というロジックです

同僚2人以上からのイジメ

同僚2人以上からのイジメも、パワハラです。

まず、
1 .優越的な関係を背景とした言動にあたります。
これも、厚生労働省が言ってます。

同僚又は部下からの集団による行為で、これに抵抗又は拒絶することが困難であるもの
厚生労働省指針2(4)

このオカタイ文章を、3文字で表すと
イジメ】です。

・悪口
・無視
・ランチや飲み会に誘わない

などが典型的ですね。

これもパワハラ3要件にあてはめてみます。

パワハラの3要件
  1. 優越的な関係を背景とした言動
  2. 業務上必要かつ相当な範囲を超えている
  3. 労働者の就業環境が害されてる

    パワハラ防止法30条の2・厚生労働省指針2(1)
  1. はOK(厚生労働省が言ってるから)

で、

要件2も満たす

イジメなど、業務上不要だから

要件3も満たす

イジメは、あなたを働きにくくしているから

パワハラの3要件を満たす。
よって、パワハラ!

というロジックです。

・・

・・・

・・・・

林、成長したな

ころす!

ーーーーー

ビミョーなのは、
〈同僚1人からの嫌がらせ〉なんです。
他の人達はあなたに好意的なのに、
1人だけあなたに敵意むきだし
ってあるじゃないですか。

これはパワハラにはならないと思います。

法律でどうこうできる話ではなく、
ウゼェやつがいる、というレベルですね。

ーーーーー

パワハラについての網羅的な記事はコチラ
【パワハラされてる人!必見】パワハラ防止法の定義を解説|裁判例あり

対処方法

あなたが

・イジワル(あなたに業務メールを回さないなど、もろもろ)
・同僚2人以上からのイジメ

を受けていた場合、
対処方法は、3ステップです。

ビミョーなケースでも、
以下の3ステップ踏んでみましょう。

STEP
証拠を集める
STEP
上司に伝える

フニャフニャ上司でラチがあかなければ ↓

STEP
外部機関に相談

順番に解説します。

証拠を集める

・イジワル(あなたに業務メールを回さないなど、もろもろ)
・同僚2人以上からのイジメ

されていることを、証拠に残して下さい。

  1. 録音
  2. 写真
  3. メール・SNS
  4. 同僚の証言
  5. 動画
  6. 日記・メモ

などです。

証拠の集め方については、
コチラの記事をごらん下さい
【証拠9選】パワハラ上司&会社を訴えるために【ゼッタイ必要】

証拠チョー大事です。

性格のワルい同僚は、必ず

わたし、そんなことしてませんけど

とシラを切るからです。
証拠、集めましょう!

上司に伝える

あなたが集めた証拠をひっさげて、
上司に伝えましょう。
改善をお願いしましょう。

フニャフニャ上司で、どうしようもなければ、

外部機関に相談

労働局に相談しましょう。
相談無料、解決依頼も無料です。

あなたが労働局に申し入れると、
・パワハラがあったか
・会社の対応がどうだったか
を調査してくれます。

労働局

これはイカンな

と認めてくれれば、
会社に指導してくれます。
※ 正式用語は【助言・指導】という手続き

もし、会社が指導に従わなければ、
労働局が会社を呼び出してくれます。
〈改善できませんか?〉と導いてくれます。
※ 正式用語は【あっせん】という手続き

詳しくはコチラの記事をどうぞ
【4つの相談先】上司からパワハラを受けたらどこに相談すればいい?

まとめ

同僚からの嫌がらせ。
以下の2つなら、パワハラです。

・イジワル(あなたに業務メールを回さないなど、もろもろ)
・同僚2人以上からのイジメ

心が病み始めてませんか?
悪化すると、動く気力さえなくなってきます。
お早めに相談することをオススメします。

【番外編】反撃したい場合

あいつ!許せん!

という場合は、
辞めて損害賠償請求する、
という手もあります。

損害賠償請求するには証拠が命です。
なければ、

裁判官は冷徹です。

裁判官

証拠がないから、請求みとめられないっス

でTHE・ENDなので。
証拠、集めましょう!

ソッコーで辞めたい方

はコチラの記事をどうぞ。退職届の書き方も解説してます
【パワハラから逃げろ!】即日で会社を辞める方法|退職届の書き方も伝授

お役に立ったらシェアお願いします
タップできる目次
閉じる